何故高見を目指すのか

中学受験をテーマにしたドラマや、某人気小役が有名中学に進学したことを受け、一気に注目を集めた中学受験。私立中間一貫校の小学六年生の4人に一人が受験をしています。一方で、小学生を夜遅くまで塾に通わせている、なぜ高いお金を払ってまで有名校に行こうとするのか理解できないとの声も多くあります。

中学受験をする目的とは?

じっくりと自分のやりたいことができる

高校大学受験は3年という短い期間で受験の準備をしますが、中学受験の場合、6年もの長い時間があるので受験勉強だけに縛られる必要は一切ありません。自分のしたいことを中心にちょこちょこ準備を始めても遅くはないでしょう。

再出発できる

地元を離れ、一からスタートを切りたいという思いから自ら中学受験を希望するケースもあります。地元の友達とソリが合わず、いつも一人ボッチという子ほど、新しい環境を求めるでしょう。嫌な思いをしながら中学校生活を送るよりはいいと子供の受験を応援する親は沢山います。

学力アップに適した環境

私立中学の場合、他の中学よりも一歩先にいった学習を取り組める点は、学力を伸ばす場に適しているといえます。英語に力を入れた授業や探求型の授業など公立にはないカリキュラムを受けさせたいという親御さんの思いから中学受験を勧める場合もあります。

生徒の自信に繋がる!プロ講師が教える中学受験対策

女生徒

志望校対策は塾がおすすめ

中学受験と言っても、私立、県立、国立で授業内容は違うため、目指す方向と授業方針が違うと対策になりません。名大附を目指すなら、それに必要な単元を知ることで受験対策に大きく貢献します。苦手な単元がある場合は、名大附の入試傾向と照らし合わせながらの授業で合格を目指せるでしょう。復習型スパイラルの定着で、塾側が用意した復習課題を自宅で進めていけば、知識はどんどん吸収されていきます。正確な問題の解き方については、質問しやすい環境づくりを徹底するので、わからないまま先へ進む心配はありません。中学受験に強い塾は、各名門中学の受験対策を研究していることがほとんどなので、合格へグッと近づくことができます。

体験授業も忘れずに

塾に入る前に行われるテストに合格すると、入塾の手続きを行ないますが、塾の雰囲気もチェックは前もって行ないたい部分です。講師の指導方法や生徒たちの様子は中学受験の合否に深く関係してくるので、岡山の塾をいくつか体験して比較をしてくださいね。

中学受験のために塾へ通う生徒の声

学校の授業がわかるようになった

中学受験のために子供を塾へ通わせていますが、自分からすすんで塾へ行きたがるようになりました。なんでも、塾のお陰で学校の授業についていけるようになったんだそうです。テストも70点~80点が多く、昔では想像できない成長っぷりです。

先生がお気に入りのよう

「先生が面白いと授業も楽しくなるね」と夕飯時に子供が語ってて、本当に楽しいんだろうなぁと感じました。大の勉強嫌いをここまで夢中にさせる塾、他にないような気がします。この調子で成績を上げ、中学受験を成功させます。

熱意がある

塾の講師といったら淡々と授業を進めるイメージなのですが、子供が現在通っている塾は、どんな生徒にも熱心に指導してくださり、本人の自信へと繋がっています。中学受験で悩んだ時も、親身に聞いてくれたのは今でも胸が熱くなります。本当にありがとうございます。

広告募集中