家庭教師で志望校合格を目指すことができる

家庭教師の需要

東京には実に沢山の塾があります。各自、志望校合格のため精一杯勉強を頑張っています。家庭教師もまた、生徒が志望校へ合格するために一生懸命でしょう。塾との違いも沢山あります。

家庭教師と塾はココが違う

生徒に合う教材をアドバイスしてくれる

多種多様な教材の中で、自分に合う教材を見つけ出すのは難しいものです。私立大学に合格するなら、どの教材が参考になるのか、受験を経験したか家庭教師は必ず知っています。特に私立大学に合格した人という風に限定すると共通点が多くなるので、的確なアドバイスをもらうことができます。

客観的にみて学力を把握する

自分がどれだけ勉強できていないのか、客観的に見ないとわかりません。そのため、多くの生徒が受験に対して強い不安感に襲われています。自身が立てた目標や勉強法について助言がほしい場合は、的確な分析と指示ができる家庭教師を頼りましょう。

授業内容は自分に合わせて立ててくれる

塾の場合、カリキュラム通りに事を進める必要があるため、より効率よく受けるために自分で対策を練らなければなりません。家庭教師の場合、生徒の性格を考えた上で方針を決めるので、学習内容がより明確化されます。

受験で知りたい情報がもらえる

学習計画を立てることも、私立大学へ合格するために重要ですが、生徒のやる気を長続きさせることも家庭教師の努めです。志望校の情報は、受験を間近に控えた生徒にとって絶対に合格するぞと身が入ります。

気分転換ができる

家庭教師の場合、始動時間の調整と場所の移動ができるだけでも、気分転換になります。たまに雑談を挟んでくれる家庭教師だと、授業内容も退屈になりにくいでしょう。塾の場合はそれができない環境なので、精神的負担を減らしつつ勉学に励めるのは家庭教師ならではといえます。

家庭教師で志望校合格を目指すことができる

文房具

家庭教師の選び方

東京で家庭教師を探す場合、学歴なのかそれとも料金で選ぶのかでわかれます。あとはプロか学生かで分かれるでしょう。ただ、家庭教師にも得意分野、苦手分野が存在します。例えば家庭教師なら、個別対応力と強制力が大の得意です。かといって家庭教師と相性が悪ければ、成果を出すことはできません。成績を上げて、私立大に入れることが最大の目的でも、目標達成に至らなければ意味はないので熱心に取り組んでくれる家庭教師だとなおいいです。

契約する前の注意点

家庭教師を契約した途端、高い教材を購入するよう命じられたなどの話があるので契約前に必ずチェックすることが大切です。また、家庭教師の相場も見ておきましょう。断りもなく勝手に料金を上乗せするケースがあるからです。さらに、家庭教師の本部自体がアパートの一室だったり、アドレスがフリーだった場合も怪しいので、検討し直すのが賢明でしょう。

入試日程の確認も忘れずに

試験当日は、入試日程と解錠の確認をしっかりチェックすることを忘れずに行いましょう。また、各大学が発行する入試ガイドには、受験する科目を選択する際の方法と、出題される範囲を記載しています。とても重要な情報なので、試験へ挑む前に目を通しましょう。

広告募集中